« journey | トップページ | NVCって? »

2013年5月10日 (金)

Presents

圭三プロダクションの有志による

朗読研究会に参加。
 
私は2回目の参加になります。
 
今回は
Presents
角田光代さんの短編小説「Presents」の中から
「うに煎餅」を朗読させて頂きました。
 
 
ストーリを絵として頭の中でイメージしながら
朗読したつもりだったのですが
心の奥で
「ちょっと、長すぎるかな〜・・・」
という不安があって
見事にその不安を見破られてしまいました・・・(^-^;
 
思っていることというのは
何らかのかたちで表現されていて
相手に伝わるのですね。
 
朗読に限らず。
 
 
 
角田光代さんの「Presents」は
ドキッとしたり、キュンとしたり、ホッとする
小説が包まれています(^-^)
人生で巡りあう
かけがえのない贈り物について。
 
今度の日曜日は母の日ですね〜。


« journey | トップページ | NVCって? »

コメント

装丁が中身のイメージと合っているのかな?
優しい短編が綴られている感じがして
さっそく読んでみたくなりました☆

確かに心に不安がある時は特に
相手にその空気が伝わる気がしますねー

智子さんの朗読聴いてみたいな~!

投稿: るん | 2013年5月14日 (火) 15時13分

ある人が嫌いだと、その人もこっちを嫌ってきますね。これはかなりの確率です。ある人が好きだと、その人もこちらを好きになってくれるといいのですが、この確率は極めて低いようです。どうしてでしょうか。

投稿: yamachan | 2013年5月15日 (水) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« journey | トップページ | NVCって? »